LED照明 寿命が長い
・白熱電球の20~40倍。40,000時間と長寿命。
・ランプ切れ交換の手間の省略。高い天井にある照明は特に有利。
消費電力が少なく経済的
・一般的な白熱電球と比べて約10分の1
・一般的な蛍光灯と比べて約3分の1
発熱量が少ない
・光源が殆ど熱を持たない、発光効果も低下しない。
・間接的に空調の利用が抑えられ、電気料金削減。
水銀・鉛・カドミウムを使わない
・蛍光灯のように水銀を使ってないないので、環境を破壊しない。
・廃棄が容易で環境にやさしい。従来の電球は処理に手間がかかった。
紫外線・赤外線の放出が少ない
・虫が殆ど寄ってこない(虫は紫外線に集まってくる為)
・生鮮食料品の劣化を助長しない。
・展示商品などを変色させない。
点灯・消灯が早い
・水銀灯は明るくなるまで時間を要するがLEDは瞬時に明るくなる。





◆LED蛍光灯タイプの中でも断トツの照度。
世界トップの1900ルーメンを確保している。

◆完全乳白色タイプで、既存蛍光灯と見分けが
 付きにくい程の完成度。

大型商業施設・病院・工場など、明るさが必要な場所でも、
既存蛍光灯以上の照度を実証済。

高品質であるにも関わらず、お手頃な価格。
LEDチップからカバーに至るまで、SAMSUNG社の一環生産に
よるコストダウンを実現。(現在世界唯一)

品質・安全面でも他のLED照明と比べ、
 群を抜いている。

●現在お使いの蛍光灯器具をそのままご利用いただけますが、既設安定器を取り外し、直流変換器を
 取り付ける工事が必要となります。

●規格がないので重量が心配・・・蛍光ランプの重量に関するJIS規格も大幅クリア(305g)<JIS上限値500g>
電源の安全性が心配・・・PSE取得電源を採用しており安全です。

 結論:SAMSUNG直管蛍光ランプ型LED照明はトップレベルのLED照明です。

※他にも三菱電機、Panasonic、東芝、SHARP等各メーカー取り扱っております。

■安定器(配線)を外す工事が必要です。

LED蛍光灯タイプへの交換は既存の蛍光灯器具をそのまま使用できますが、内部にある安定器を外す必要があります。 せっかくの長寿命LED直管を設置しても安定器やインバータが壊れることにより、LEDが点灯しなくなった!なんてことも考えられます。また、安定器に接続しているだけで無駄な電力を消費します。その為、LED直管の導入段階で配線工事費が多少かかっても、その後のランニングコストの削減によるメリットがはるかに大きいのです。最近ではLED直管で、工事の要らない(配線工事)商品も発売されておりますが、安定器を外すことでさらに省エネができ、高い安全性を維持しながら省エネ・省資源を可能にします。


照明器具・安定器には寿命があります。

何気なく使用している照明器具にも耐久年数があり、JIS(日本工業規格)によると交換の目安を10年としているのです。主な劣化の目安は、ランプの交換が多くなったり、焦げ臭いにおいがする、ソケットが劣化しているなど、まれに安定器の絶縁劣化などから火災が生じる場合もあります。
コストはかかりますが照明器具も新しいものに取り替えるようおすすめします。

太陽光発電の事ならお任せ下さい。

メインコンテンツ