太陽光発電補助金 太陽光発電システムの補助金制度 補助金には大きく分けて、<国の補助金><地方自治体の補助金>の2種類があります。申請手続きは
それぞれ異なり、非常に複雑なものとなっています。当社ではお補助金申請のお手伝いを無料で致します
のでご安心ください。


2010年度 国の補助金制度

期間:2010年4月26日~2010年12月24日
補助金額:太陽電池 公称最大出力1kWあたり7万円
対象者:住宅に設置使用とする個人(居住する方が電灯契約を結ぶことが条件)
対象システム:
①太陽光パネルの変換効率が一定の数値を上回ること。
【太陽電池の種類により基準を設定】
②一定の品質、性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等により確保されている事。
③公称最大出力が10kW未満で、システム価格が1kWあたり65万円(税抜き)以下である事。




【申請方法】
太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)の窓口に申請書類を提出。
(当社が、お客様の代行で申請の手続を致します。)
・平成22年度から各都道府県に設置されていた、受付窓口を一元化し、太陽光普及拡大センターにて
 一括で行うことになりました。


地方自治体(各市町村の補助金制度)

国の補助金に加え地方自治体からの補助金も受けることができます。
(補助金額は各市町村によって金額が異なります。)



例 愛知県名古屋市で4kWの太陽光システムを設置した場合



 国からの補助金 4kW×7(万円)=28万円
 名古屋市からの補助金 1kWあたり7万円(上限70万)
 4kW×7万円=28万円
 国の補助金(28万)+名古屋市の補助金(28万)=56万円



実際にかかる費用は 太陽光発電システム設置費用ー56万円(国、自治体の補助金)です。


太陽光発電の事ならお任せ下さい。

メインコンテンツ